概要

 体験者が意識を回復して蘇生した際の証言に基づき、<光>体験、光のトンネル、三途の川や花畑、死者、キリスト、仏陀との対峙などの「死後の世界」と思われるようなものを見たり、一生の記憶のリピート現象(走馬灯)、体外離脱と呼ばれる体験をしたなどの一定のパターンが存在する。

 臨死体験の解釈を巡り、幻覚などの脳内現象であるとする説、現実体験であるとする説などがある。また心霊主義(スピリチュアリズム)では霊魂が肉体とは別に実在するという心身二元論の立場に立っており、肉体から霊魂が分離する幽体離脱により臨死体験が起こるとされている。





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ