松井須磨子



松井須磨子(まついすまこ 本名:小林正子 1886年3月8日生)
 [新劇女優]


 長野県生まれ。17歳の春に上京する。1903年に親戚の世話で最初の結婚をするが、1年で離婚している。

 1908年、同郷の長野県出身の前沢誠助と結婚する。東京高師地歴科を卒業した前沢は、その年の11月に「東京俳優養成所」の講師になり、日本史を担当した。1909年、坪内逍遥の文芸協会演劇研究所第1期生となる。家事がおろそかになることも多く、1910年10月、前沢と離婚。

 1911年、『人形の家』の主人公ノラを演じて認められ、1913年、島村抱月と芸術座を旗揚げし、『復活』のカチューシャ役が大当たりし、人気女優となった。彼女が歌った主題歌『カチューシャの唄(復活唱歌)』のレコードも当時2万枚以上を売り上げる大ヒットとなった。このことから、須磨子は日本初の歌う女優となった。

 だが、1917年に発売したレコード『今度生まれたら』(北原白秋作詞)では、歌詞の中にある「かわい女子(おなご)と寝て暮らそ」の部分が当時の文部省により猥褻扱いされ、日本における発禁レコード第1号ともなってしまった。

 1918年11月5日、スペイン風邪で島村が病死すると、2ヶ月後の1919年1月5日、芸術座の道具部屋において自殺した。島村と自分の写真を並べ、花と線香をたむけた前で首を吊っていたという。

 島村と不倫関係にあった彼女は、島村の墓に一緒に埋葬されることを望んでいたがそれは叶わず、彼女の墓は長野の小林家墓所(生家の裏山)に、また、新宿区弁天町の多聞院には分骨墓がある。

 1919年1月5日死去(享年32)





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集][ランダム][音楽]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ